小学校受験の問題はどこで手に入れるの?

小学校受験の入試問題集は、書店やインターネットで入手できます。問題集が販売されている小学校と、そうでない小学校がありますので、事前にインターネットで調べておくと良いでしょう。国立や私立に関わらず、入試問題集は販売されています。ただ、私立小学校の場合は、出題傾向が年度ごとに大きく異なることはあまりないようですが、国立小学校は、筆記試験をおこなわない年度もあったりするので、そのことを踏まえて幅広い対策をおこなっていくことになります。子供に同じ過去問題集を何度も解かせるために、何冊も購入するケースもあるようです。問題集の値段は普通のドリルなどに比べてかなり高額ですが、小学校受験をする家庭にとっては必需品と言えるでしょう。販売されているかどうかを早くに調べて、購入する家庭が多いです。

私立小学校受験の必需品の過去問

受験する場合は、小学校であれ大学であれ、志望校の過去問題集は必需品です。国立小学校は、学校によっては年度ごとに受験方式が違うこともあり、筆記試験をおこなわない場合もあったりするので、過去問題集を入手していないと不利になるかどうかはケースバイケースですが、私立小学校は違います。過去問題集を入手しないで受験する家庭というのは、稀でしょう。ほとんどの家庭が過去問題集を購入し、複数購入するなりコピーするなりして、何度も問題演習するのが一般的です。筆記試験の結果ですべてが決まるわけでもありませんが、やはり事前対策できることはすべてやっておきたいと考える家庭がほとんどです。受験する小学校の過去問題集が出ているかどうかは、インターネットで調べればわかります。

インターネットでダウンロードする方法も

インターネットの普及により、小学校受験の入試過去問題集をダウンロードできるケースも出てきています。以前は書籍の形で購入するものでした。現在も書店で販売していますし、インターネット通販で問題集を購入することもできます。昔から、過去問題集というのは高額なものではありますが、複数購入する家庭もあるようです。過去問の中には、出題された入試問題や答案用紙を載せるだけでなく、過去十数年間分の出題傾向を分析した内容が入っているものもあります。解き方を詳しく解説してあるものも多いですが、解き方が載っていないものもあります。一つの小学校の過去問が、何社からも出ているわけではないので、選択肢はかなり限られます。しかし、過去問がない小学校もあります。過去問が出ている場合は、ほとんどの家庭が発売直後に入手するようです。

伸芽会の授業体験会を全教室で行っています。 詰め込み式では得られない、独自の教育方法で15万人以上の卒業生を送り出してきました。 入試イベントも豊富にご用意。名門小学校の先生を招いての個別面談会を年4回開催しています。 名門小学校が求める子どもの資質を理解し、合格のための教育を行います。 伸芽会の教室は東京と関西に20校以上。アクセスも便利で、通い易い環境になっています。 小学校受験の問題をやってみよう!