小学校受験の試験問題から分かること

小学校受験の問題は、子供の能力を問う問題がバランスよく出題されます。なにか一つの能力を深く問うだけのものは、出題されないと考えましょう。思考力、計算力、読解力、一般的な常識などを問うような問題が作成されます。すべの能力に万遍なく秀でている子供はいません。どの子供も苦手な分野を持っています。それでも小学校受験ではあらゆる分野で、できるだけ高い点数を求められます。満点を取る必要はないのですが、子供の能力を最大限に発揮する必要があります。そのためには、小学校受験に備えて、幅広い勉強をしておく必要があります。具体的には、文系の勉強と理系の勉強の両方に力を入れるようにします。また常識を問う問題も出されるので、一般的な知識も身に付けなければなりません。

読解力、計算力、思考力を問う問題が多い

小学校受験では、必ず読解力、計算力、思考力が問われます。これらの能力が問われるのは、人間としてより良く生きていくために、これらの能力が必要になるからです。特に、読解力は重視されています。読解力は勉強の基礎になるので、小学校受験のときも配点が高くなります。計算力や思考力も、生きる上では大切です。また上級の学校に行ったときに必要になります。例えば医学部に行ったら、計算力と思考力がないと、授業についていけないでしょう。これらの能力を短期間に伸ばすのは不可能です。毎日コツコツ努力することが求められます。小学校受験は、子供の勉強に対する姿勢を調べるものでもあります。ですから、受験すると決めたら、できるだけ早く準備を進めて、勉強の習慣を身につけておく必要があります。

常識と個性を問う問題から分かること

小学校の入試には常識を問う問題も出されます。例えば、チューリップはいつ咲く花かといった内容になっています。たわいのない内容ですが、常識は生きていく上で必要です。誰もが知っていることを知らなかったら、社会生活をする時に困難に直面するでしょう。人間として普通に生きて行けるか調べるために、一般常識の問題が出されます。しかし、常識だけに囚われていたら、個性的な人間になることはできません。小学校受験を行う学校は、子供の個性を大事にする所ばかりです。個性的な解答を求められる問題がいくつかあります。これは採点がしにくいので、多く出題されることはありません。かねてから、家で子供の個性を伸ばす教育を心掛けましょう。自分の意見や見方を押し付けるのではなく、子供の考え方を尊重するのが大切です。