小学校受験の試験問題の効果的な活用方法

小学校受験の試験問題は、筆記試験対策に非常に役立ちます。書店やインターネットの通販サイトで購入できるので、ぜひ入手しましょう。試験問題は、まず子供の実力を把握するのに役立ちます。実際に問題を解いてみて、どの程度正解できるか調べます。もう一つの活用方法は、試験の準備です。過去の問題は形を変えて、再び出題されることがあります。ですから、過去問を完璧にできるようにしておけば、本番の試験で高得点を狙えます。また過去問を解くことで、その学校の出題の傾向を把握できるようになります。どの学校にも一定の傾向があって、それから外れた問題が出されることは少ないです。小学校受験に成功するためには、試験問題を解いて、繰り返し復習する方法が一番有効なのです。

まず1回問題集を子供にやらせてみよう

小学校受験が決まったら、その学校の問題集を子供に解かせましょう。その時に大切なことは、時間を守ることです。どんな試験も制限時間があるので、それに合わせるようにします。たとえ、問題がすべて出来なくても気にする必要はありません。それから、どこで間違えるかをきちんと把握するようにします。例えば、計算の間違いが多かったら、それをメモしておくようにしましょう。もう一つ大切なことがあります。正解の数が少なくても、気にしてはいけません。これから勉強して、たくさん正解できるようにすれば良いのです。正解が少なかったからと言って、子供を責めることはやめましょう。また子供が落ち込んでいたら、励ますようにします。小学校受験の問題を解いて、子供が自分で解答できなかったところを、自宅で教えられそうになかったら、専門の塾に行くことを考えましょう。

過去問を暗記できるほど復習する

問題集はすべて終わらせましょう。終わらせたら、そこでおしまいではいけません。もう1回最初から解いていきます。その時に大切なことが2つあります。一つは時間を意識することで、もう一つは一回目に間違ったところを、できるだけ正解することです。試験には時間制限があるので、いつも時間を意識しながら問題を解かなければなりません。時間を意識していたら、スピードが出てきて、早く解けるようになります。間違った箇所は、2回目では確実に正解するようにしましょう。もちろん、また間違えることもあります。その時はもう1回復習して、次に解くときに備えます。これを本番まで繰り返すようにします。繰り返せば、問題の内容さえも覚えられるようになります。それを覚えておけば、本番の時に有利です。